医療機関で視力回復の手術は不安なものです。睡眠や食事、目を酷使しない生活をして視力を維持することが大事です。

どこまで治る?医療の力と視力回復
どこまで治る?医療の力と視力回復

医療機関での視力回復手術は不安ですよね。

近年はパソコンやゲーム、スマートフォンで目を酷使して、視力の低下が心配される子供が多くなっています。
若いうちからは出来るだけメガネやコンタクトレンズに頼らないようにしてあげたいものです。

視力が低下しても医療機関でレーシック手術を受けることで、短時間、低リスクで視力回復をすることも可能になりましたが、目の手術に限らず、手術には不安を感じるものです。

出来ることなら手術をせずに視力回復する道や視力を落とさない生活をしていく方法が望ましいものです。

パソコンやゲーム、スマートフォンを使用する際は休憩をすることが大事です。

体のコリも血の巡りを悪くしてしまい、視力低下の原因に繋がっていきますので、体を動かして血の巡りを良くすることが大切です。

暖かいタオルで目の周りの筋肉をほぐすのも効果的です。

5秒ほど瞼をギュッと強く閉じ、開くという事を数回繰り返すという事も目に良いです。

目の疲れを取っている時間は睡眠時間と言えます。
深夜まで夜更かしをすれば目が休まる時間はほとんどありませんので、目を休ませてあげるために十分な睡眠が必要です。

体を動かすことで、パソコンやテレビ、ゲーム、スマートフォンなどから離れる時間が増えますので健康面だけでなく、目にも良いです。

アントシアニンを多く含んだブルーベリーは眼精疲労に効果があるので、目に疲れを感じた時は積極的に摂取すると良いです。

現代はデジタル化により、本や新聞などもスマートフォンやタブレットPCなどで見ることが多くなってきました。
視力を維持するのは難しいものですが、うまく疲労を取り除き視力維持していきたいものです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017どこまで治る?医療の力と視力回復.All rights reserved.