VDT症候群の症状が出始めたら医療機関で診察しましょう。目に良い食材は視力回復よりも、眼精疲労に効くものです。

どこまで治る?医療の力と視力回復
どこまで治る?医療の力と視力回復

医療機関で診察、VDT症候群視力回復が望める食材?

VDT症候群というのがあります。
VDT症候群とはパソコンやゲーム、スマートフォンなどを長時間使用していることで目だけではなく、体全体や精神的にも影響を及ぼす病気と言われています。
頭痛や吐き気、気分が悪い時、ドライアイ、視力低下、充血などの症状がひどいと感じたらすぐに医療機関に診察してもらうことが大切です。

VDT症候群にならないためには、パソコンやスマートフォン、ゲームを使用する時は定期的な休憩を入れることが大事です。

通常のメガネやコンタクトレンズを使用しているだけでも目には負担を掛けているものです。

最近ではパソコンなどから発せられるブルーライトをカットするPCメガネが各メガネ会社から発売されるようになりましたので、メガネを必要としない人もPCメガネを使用することが安全と言えます。
昔から定番の遠くの景色を眺めることや体を動かして筋肉のこりをほぐすことも大切です。

視力回復を望むというよりは、目の疲れなどを取ると言われている栄養はアントシアニン、ビタミン、亜鉛です。

テレビなどでも良く言われているブルーベリーを中心にウナギ、ナッツ類、レバー、牡蠣、ほうれん草、イチゴなどがあります。
あくまで目の疲労回復に効果があるだけですので、無理をして毎日食べたりする必要はありません。毎日食べたからといって、視力が良くなるとは言えません。目を酷使し過ぎたと感じた時などに食べたりするだけでも良いと言えます。

お役立ち情報

Copyright (C)2017どこまで治る?医療の力と視力回復.All rights reserved.