医療の進化でレーシック手術などを受ければ視力回復しますが、普段から目に負担を掛けない生活が大切です。

どこまで治る?医療の力と視力回復
どこまで治る?医療の力と視力回復

医療の進化に頼らず、視力回復を望みたい

視力が低下してくると文字が見えにくくなるだけではなく、自動車の運転などではメガネをかける必要が出てきます。
免許の更新時に適性検査で視力が低い場合、メガネやコンタクトレンズをしていない場合はメガネを作りに行ってから再度適性検査をする羽目になるので、視力が低下していると感じてきたらメガネを作ってから免許更新をしに行きましょう。出来る限りメガネやコンタクトレンズではなく、裸眼でいたいと思うものですが、視力を低下させないためにはゲームやテレビ、パソコンなどをする時は休憩をすることが大切です。

本を読んだりするときも近づき過ぎないことと、暗い部屋などでは明るくしてみることが目の負担を減らすことへ繋がります。

眼の周りの筋肉や眼球をリラックスさせる為にも、遠くを見る習慣を作りましょう。日々の生活の中では近くのものを見ることがほとんどと言えます。
緑色を見ると良いと言われていますので、自然の色である山や森を遠くから眺めることは目にはとても良いことです。

パソコン関係の仕事や細かい作業などで目を酷使している人は、山登りや絶景巡りをしたりすると体だけではなく、目もリフレッシュさせることが出来ます。
写真に撮った緑豊かな景色などを見ているだけでもリラックス効果はあると言われています。
医療の進化でレーシック手術で視力回復が簡単に出来ると言われていますが、普段から目に負担を掛けない生活をすることやリラックスさせることが大切です。

お役立ち情報

Copyright (C)2017どこまで治る?医療の力と視力回復.All rights reserved.