自分でも、雑誌など読みつつ、視力回復の努力をしながら、悪化させないために医療にも頼っています。

どこまで治る?医療の力と視力回復
どこまで治る?医療の力と視力回復

医療に頼りつつ、視力回復の努力。

幼いころ、視力は、左右共に1.0あったはずでした。
どこで、なにが原因で、視力がどんどん落ちて行ったのか、自分でもわかりません。小学校に上がる時に、検査でひっかかり、親からは、目を休めながら、物事をすること、そして、疲れたら、遠方を見ること、特に、緑、木々の緑を見なさいと言われていました。
将来を考えた両親は、視力回復の可能性をさぐりながら、医療にも頼ったほうがいいかもしれない・・・と、眼科に私を連れて行き、私はおなじみの視力検査のほか、眼圧検査、視野の検査等、眼科の検査と、電気による治療、目薬をいただくのが習慣になりました。
学年があがるにつれ、忙しさを理由に次第に、眼科に行かなくなりましたが、目の状態は決して良くはありませんでした。

成人して、ますます、目を使うことが多くなった上、もともと乱視だったこともあって、物を見るのが億劫になり、何度も眼鏡もつくりかえてしのいでいました。
眼精疲労を強く感じるようになったので、また病院に行ってみると、眼圧の高さを指摘され、目薬で、眼精疲労も改善させつつ、視力低下をふせぐ努力もしています。
就職して、あらためて「目」の重要性を感じています。
さらに、加齢による影響も心配になる年齢となり、老眼も指摘されますが、やはり、視力低下と、失明のおそれのある病気が、自覚症状のないままに進行していくのが心配なので、定期的に検査をしている私です。

現状維持から、視力回復が少しでもはかれれば・・・私の通院生活は続きます。
レーザー治療など、現代医学の進歩もあって、希望はもちろん感じています。

お役立ち情報

Copyright (C)2017どこまで治る?医療の力と視力回復.All rights reserved.