視力回復のトレーニングやコンタクトなどの方法や、医療面からのレーシックなどの事を簡単に書いてみました。

どこまで治る?医療の力と視力回復
どこまで治る?医療の力と視力回復

医療としての視力回復

視力回復は目が悪い場合はとても気にかかる言葉です。

私もメガネをかけていますが、中学生の頃まで、両眼が1,5でメガネが必要なかったのですが、急に目が悪くなりメガネが必至になりました。
それでメガネがいらない生活を願いながら今まで生きて来ましたが、医療としての視力回復の方法も関心を持って来ました。
一番負担がかからない方法としては、視力回復トレーニングの方法で、私の伯母もそれで視力を回復したそうで、その話をしてくれて私も試してみましたが効果はなかったように思いました。
人により個人差があるということなのでしょうね。私自身もそのように思いました。
そうなると後はメガネと如何に付き合い、これ以上悪くならないようにするかを考えたりしていました。

コンタクトレンズに変えようかとも思いましたが、どうも直接目にコンタクトを挿入するのには違和感があり、結局はそんな話もありましたが、未だにメガネで通しています。
しかし視力の話には今までも関心があり、必ず見て来ました。
なかでも医療的な処置としての目の手術ですが、今はだいぶ普及しているようで、安全面でも配慮されているもののようです。

わりと簡単にできるようで、そのための医療器具もとても進歩しているようです。

手術の時間も短時間ですみ、入院もしなくて済む場合もあるようですね。たとえばレーザーを使った手術でレーシックという方法もあるようです。

治療後にすぐに視力が回復するそうで手軽な方法のようです。

お役立ち情報

Copyright (C)2017どこまで治る?医療の力と視力回復.All rights reserved.