昨今では医療としての視力回復が一般的になって来たが、安心して治療をする為には善良な医療施設を見つけるべきだ。

どこまで治る?医療の力と視力回復
どこまで治る?医療の力と視力回復

医療における視力回復

眼というのは本当に大事なものである。眼が悪いと何も面白くなくなる。旅行に行っても遠くの景色が見れないと本当に不便である。私は高校生の頃、視力が急激に悪くなった。電車で通学する際に、書物を読みすぎたせいであろうか、何か、水中に入ったような感じに眼がどんより見えなくなった。私は当時、若かったので、眼鏡に抵抗があり、コンタクトレンズを処方した。
当時は使い捨てコンタクトレンズが普及していなかった為、毎日、洗浄するのに手間が掛かり、ケアするのに一苦労だった。

コンタクトレンズはすぐに古くなるし、手入れをしないと固くなったりして、装用感が悪くなった。その当時、話に聞いたところによると、視力回復センターというようなところがあるが、なかなか効果が表れず、効果があってもすぐに元通りになってしまうという噂を聞いた。実際、知人も通っていたが、あまり効果はなく、止むを得ず、眼鏡をしていたそうである。

現在では、だいぶ医療としての視力回復が進んで来ており、レーシック手術というのが一般的になって来た。治療費も安いところで20万円という格安の手術ができるところもある。レーシック手術は保険が効かないそうであるが、是非、為したいものである。長い目で見れば、コンタクトレンズや眼鏡のコストが掛からずに済むので、経済的にもお得だ。かといって、失敗例も稀にあるので、安心して治療するには、優良なお医者さんを見つけることが賢明であろう。

お役立ち情報

Copyright (C)2017どこまで治る?医療の力と視力回復.All rights reserved.