すでに医療現場ではサジを投げられたような感じです。これまで4階の手術を受けましたが視力回復はありませんでした。

どこまで治る?医療の力と視力回復
どこまで治る?医療の力と視力回復

医療の力で視力回復を望むことが出来ません。

手術をする前から、手術をしても治らないという話は医療現場で聞かされていました。
行っても現状から悪くならないようにするだけですと言う事も聞かされていました。
ただ、少しの希望を持っていたので、ひょっとするとほんの少しだけでも視力回復ができるかなと思っていたのです。

すでに視神経がやられているため、結局全く同じ状態でした。
おまけに手術が終わって直ぐに眼底内で出血が起こり再手術をする羽目に成りました。
その時にオイルを入れたのですが、しばらくするとそのオイルは抜かないと行けません。これでまたまた入院です。

おまけにオイルを抜いた後に眼圧が上がってしまい、今度は緑内障の手術まで行わないと行けなくなりました。
手術後レーザーで何度も治療を行い、3週間近く掛かってようやく退院です。

大部屋の部屋でしたので、他にもドンドン入院患者は入れ替わりました。
眼底出血で入院をされた方も居られました。
結局その部屋で一番最後に退院する形になり、その後も未だに病院へ通っています。
大学病院なので、行くと大変時間が掛かります。

視力検査を行い、そのほかの検査を終えた後に診察です。

今のところ経過は良いので、半年に一回の受診だけで助かっています。
ただしその間に別の病院へも2ヶ月に1度通っています。
こちらでもレーザー治療などが行われますが、このところ経過が良いので、いつも診察ばかりになっています。
もともとの原因は糖尿病なので、糖尿が良くならない限り視力はドンドン悪くなっていく可能性があるのです。

現在その糖尿の治療を毎日行っています。
これが良いと聞けばそれを試しているのですが、中々効果のある治療法はありません。この状態がいつまで続くのかかが非常に心配です。

取りあえず糖尿がこれ以上悪くならないように努めてはいるのですが、上手くコントロールが出来ていません。それほど食べてもいないのですが、なぜか血糖値が下がりません。この先歳を取るばかりなのに、上手くやっていけるか本当に心配になります。

お役立ち情報

Copyright (C)2018どこまで治る?医療の力と視力回復.All rights reserved.